ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.12.26 Saturday

雑誌掲載のお知らせ

12月25日発売の月刊アートコレクターズ、2016年1月号に作品が掲載されましたので
お知らせとご案内を致します。

日本画特集です。






 
2015.12.08 Tuesday

感謝



浄化







この度の阿部清子展「諸行無常五行」
おかげ様で無事終了致しました。

お忙しい中、足をお運びくださった皆様、お気に留めてくださった
皆様
全てのご高覧下さった皆様に愛を込めて
感謝を申し上げます。

また一層の挑戦と精錬を重ねて参る所存でございますので
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

阿部清子拝
2015.12.04 Friday

青春



青春 F6


今日は3日ぶりに会場に行けた。
やっぱり寝ずのままだったので、途中でふらふらだったが、久しぶりに
お目にかかれる方々、大好きな方々にお忙しい中足を運んで下さり
ひと時の時間を過ごせるのはやはり嬉しく幸せだ。

籠りがちな生活故、たまのこうした優しい人々との交流に
慰められ、また励まされ、向上心に火がつくきっかけとなる。

恥ずかしく無い絵を見て頂きたい。でも毎回針の筵に居る心地だが・・・


たまにはお化粧をばっちりして、背筋を伸ばして歩いて町へ行くのは

大事なことかもしれない。



明日、そして最終日の明後日、在廊します。

 
2015.12.02 Wednesday

メメント・モリ




メメント・モリ



いつも死を想っているが、時によって姿が違う
恐怖の顔をしている時もあれば、優しい終わりの顔
虚無の顔 異次元の未知の顔

肉体という不自由な容れ物のなかのわたし
うまく自分を御する事ができないわたし
この世への抵抗
自分への抵抗
ああ 窮屈だ窮屈だ

希望がなければ生きられない
絶望したら終わりだ
苦痛から逃れたくて日々を送るなんて馬鹿らしい
幸福を感じたいから生きている
心の底から湧き出でる幸せ
その為なら死んでもいい
2015.12.01 Tuesday

結晶



結晶 P10

地球の中で、少しずつ少しずつ成長して行く。
時に不純物や傷も内包しつつ
確固たる存在を形作っていく。
そしてそのエネルギーは周囲を浄化する。

そんなふうに生きたいものです。



12月5日まで、ギャラリー広岡美術にて展示しております。
在廊日時は決まっておりませんが、午後2時以降には会場入り出来るように
したいです。
18時まで開廊。

 
2015.10.14 Wednesday

私よ私に「応答願います」



「応答願います」2012年



胸の奥に押し殺した感情を癒して浄化したら、物事が
歪まず流れて観得てくるかも。
そうすれば、本来の自分との交信が出来る。
通りが早くなる。

胸の窓を開けたら入ってくる。
気持ちのよい風と光が通りだす。
 
2015.08.27 Thursday

現代水墨作家作品展

 先だって、六本木の国立新美術館にて現代水墨作家作品展が開催されました。

「樹下」100号 楮紙 墨 


墨は今回、頂き物の中国の古い墨を使いました。

こちらでのお知らせが間に合わず、終わってからのご報告になってしまいました。
私自身も体調の問題があり、会場に行けず仕舞いで養生しておりましたので、非常に残念に思っております。



今日、全作家50名程の作品が収められたDVDが主催の公益財団法人国際文化カレッジから届きました。
今年も大変お世話になりました・・・

出品作品を拝見しまして、大変勉強になった次第です。
益々私も墨色、筆致、そして精神の精進をしなければと改めて強く感じました。

ところで最近、改めて黒澤明の映画を観るようになり、20年前に観た時とはやはり
感じ入る量と深さが違って益々面白いです。
圧倒的に良い作品は、若年の固くて単色の身にも響きはするけれど
その理由がはっきりわからない。いや、語彙量が足りないのかも。経験が足りないから。
でも観る側が受け止められる洞察があれば、感動はやみくもな痛みや衝撃から理解へと深化する。
人それぞれ、時間は有って無いようなもの、時間差、時空間差、がありますね。

とにかく、「圧倒的に良い作品」である必要がある。
必然であり、独創であり、無邪気であり、洞察があり、ユーモアがあり、道があり・・・

いや、養生しながら様々に考える今日この頃でした。

良い作品は、希望を与えられる。生きてて良かった、と思います。


私が唯一、信頼できるのは良い作品。
 
2015.07.15 Wednesday

「催涙雨」


「催涙雨」P6号 麻紙 墨 岩絵の具

18日までギャラリー広岡美術で展示中の作品です。

七夕の時期の展覧会なので、因んだ作品を2点描きました。

織姫と彦星は、雨が降ったら天の川を渡れず会えない。1年に一度の逢瀬の
約束の日ですが、天の下では大抵雨ですね。

でも、天上では星々は瞬いていることでしょう。

観得ないものでも、そこにあるものがありますね。
私に観得ていないだけです。


この作品は、七夕に降る雨「催涙雨」の事実に揺れつつ
真実を知ろうとするかのような
・・・いや本人はそこまで自覚や意識はしてないかも、
とにかく感じやすいが折れまいとするその心を描きたいと思って手がけました。

もしお近くにお越しの際は、お立ちよりご高覧頂けましたら幸いです。

毎日大変暑いので、お体ご自愛ください。

ギャラリー広岡美術 (展覧会情報のページをご覧下さい。)
2015.06.14 Sunday

涙漏り


涙漏り 2013



梅雨です。
うちの梅の実は、可哀想に全部落ちてしまいました。
はしごを買ったけど、愚図愚図していて間に合わなかった・・・



今日はひと時、良い時間が過ごせました。
たまに出かけると、些細な事にも六感が刺激される。イメージが湧く。
わくわく湧く。
お互いの仕事を尊敬し、尊重しながら、刺激を受けあい
学び合う。それは対等であるべきだ。
出来れば多くの人とそう出来たら良いのだが。


相手から何かを得ようと思いすぎて縋りつくような言動や
素敵っぽい台詞の影の下心
利用価値の値踏みや支配欲求・・・なんてのは以ての外だが
多様な人と出会う機会は、
本質を見抜く霊感が有るかを試されているのかもしれない
そして現状の自分の霊質の鏡の影なのかもしれない
そう思うと悲しくうっかり涙も漏れるが
単なる自然現象だから 

ただ、理屈でそれが解っていても体現出来なければ
出来ているか客観視出来なければ

 
2015.02.13 Friday

自分を護るにはどうしたらいいのですか


「自分を護るにはどうしたら良いですか」2008年



本当に不安で怖くて頭がおかしくなりそうな時もある

でも、深く息を鼻から吸って、深く息を口から吐いて、それで地面に足をしっかりつけて

イメージする!地球にしっかり繋がっている、地球の芯と自分が繋がってここに居る!って

イメージする!天から白くきれいな光が降りて来て、鼻から吸い込んで体に充満し、口から要らないものを呼気で吐く

これ教わった

やるといい 慌てないでやるといい
Powered by
30days Album