ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.06.10 Wednesday

美の本體

岸田劉生の「美の本體」という本を二十歳頃に古本屋でみつけて買った。
旧字体で書かれた文章は、小さい頃毎朝聖書を読む家だったからか懐かしく
(旧字体でいつも読んでいたわけではなく、父の聖書を借りて読んだ時だけだが)
そして好きであるが、内容は若い私にはイライラするものだった。
なんでこんなに愚痴愚痴と女々しく?人からの批判や人への批判を綴りまくってんのか?
黙ってかっこ良く描いてんじゃないのかよ!と本を壁に投げた記憶がある。

今は、ひしひしと共感します。


ちなみに劉生と誕生日が一緒(^^)か・に・座!

カーニー仲間!
2015.05.04 Monday

名無しの名無し子の嘆き



死ぬ思いでこれまでやってきた
生み出す事の容易では無いことの理解は
案外生む側が解ってないのか
自分の産んで育てた子が、自分の与り知らぬところで
他人の手により無断で元服させられていた
氏素性を隠されたまま
拉致されたまま

悲しすぎて涙も哭いている

作品には、由来がある。ルーツがある。
血を分けたそれらの存在は、無言でも無抵抗でもない
私の血は反逆と嵐の血だ
それぞれはいずれ自立して、役割を果たすだろう

 
2015.01.21 Wednesday

仮の宿



家を探しています。
引っ越さないといけないのですが、なかなか難しい。
たくさんしなければならない事を残したまま、心が落ち着かずどちらも進みません。

自然の流れで、自分にふさわしい環境はやってくると天に任せたい。
もっとたくさん、もっと大きな作品を、もっと様々なモチーフを描きたい、そしてもっと様々な人たち観て頂きたいから
次の段階に進みたい。

この家は仮の宿、次の家も、そしてこの身もこの世も。

まずは描かなきゃならないものと、送らなきゃならないものと、他諸々やらなきゃ・・・
2015.01.04 Sunday

2015

新しい年を迎えました。

今年も皆様にとってより良い年になりますよう。


改めまして
今年もよろしくお願い致します。


阿部清子拝





2014
「前髪」部分


 
2013.07.28 Sunday

時間

 


忘れないように、今何時か忘れないように、この世には時間と時空が別々に動いていること、
忘れないように、忘れないように、していても、忘れる。
2013.07.23 Tuesday

束の間の避暑

 

そしてお絵描き
2013.07.20 Saturday

まつりごと




お盆ですね。
私は日本的な宗教行事とはあまり深い縁がない育ちをしていますが、やはり地域のお祭りには
お客様的に?参加していました。山車を引いたり屋台を見物したり、くらいでしたが・・・

40年程今の土地で育ち暮らしています。(途中10年程各地転々しましたが)
一年のうち、こうした季節の節目節目で行われる祭礼は、
太鼓の音と振動の大気を満たす高揚感が、誰に教わるわけでもなく
土地への感謝と感動を促します。

嗚咽のように込み上げる感動の涙が抑えられない。
ただ、この震える大気をこの場にいる人々と、或いは風に乗って辿り着いた先で、
共有しているのだと体感して畏れと喜びに満たされるようです。
2013.07.18 Thursday

怪談

 

・・・じゃなくて階段猫
2013.07.15 Monday

カーテンレール

 

・・・の上の猫
2013.06.10 Monday

交渉

 

飲んでいい水悪い水 2008年


「項羽と劉邦」を今更ですが読みました。
私としたことが読んだ事がありませんでした・・・
どちらかといえば
日本の歴史のほうに興味があり、また特定の時代に好みがあるので
今回初めて、古代中国の英雄たちの生き方やそれぞれ人材というものについてイメージを広げて
構想する機会となりました。

とにかく私は交渉が下手。ですからこういった歴史の切所でのそれぞれの判断というものに
大変興味をもって肉薄ちゅう・・・。

歴史って、今もその真っ只中な最中なわけです。
せめて布石にでもなれたら幸せです。
Powered by
30days Album