ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< すべての優しい人たちへ | main | 男の墨 女の墨 >>
2010.01.29 Friday

東風吹かば

 

湯島天神の白梅。
ちょっと前に撮ったもの。

清冽だが控えめな、でもちゃんといる香りだ!

晴天の空に白が清らかに映えていた。



高校時代に、道真の歌をもじって、

東風吹けど 花は咲くのか 我が身にも〜れれれ〜

などと将来への不安に押しつぶされそうな気持ちを
紛らわせていた時も
四面楚歌って、何度でも来る〜
と泣きべそをかいていた時も
ただ律儀に乱れずその花であるを全うしていたのだと

改めて、香りに刺激されて実感しました。

盛況のようです。
「多感のすすめ」も、オフィス・イフさんに額装して
頂いて嬉しい。いつも余裕があればお願いしたいと
思っていたので。

こないだは、諏訪敦さん、三瀬夏之介さんがゲストで、山本冬彦さんと
トークイベントがあったので、ややタイトな予定の入れ方ではあったが何とか終盤に滑り込んだ。
お客様がたくさん!でした。
お二人とも人気の作家さんですし、質疑には誠実に的確に答えてらっしゃって
とても良い雰囲気。

また今後も、若手作家の方々のトークイベントも予定されているようです。
沢山の作品を身近に感じることの出来る展覧会かと思いますので、是非お出かけくださいませ。

ああでも今は来る搬入の時に気持ちを追われているのです。2月1日から墨の展覧会が
柴田悦子画廊で始まります。

あでもちょっとお夕飯の支度を。また後で。

つづく〜





コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album