ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いつか蕎麦屋で待ち合わせ | main | 真実は重い >>
2009.03.25 Wednesday

造形教室 あそびやま

同じ高校のデザインクラスで一緒に受験した
はしもと加奈子氏。

東村山にて、子ども造形教室の「造形教室 あそびやま」を立ち上げたそうな!
ついこないだ、会ったときからのこの急展開!!
やるねえ〜(@=@)

ご本人は日大芸術学部彫刻科卒業、ご主人も同じ科の
先輩だそうだ。彫刻家どうし、立体的な生活をしているのだろうか。
ふたりの男の子の母でもある彼女は、優しくタフな、いいやつだ。

彼女のセンスなら、子どもたちはのびのびと「創る」ことに夢中に
なれるだろう。



私もちょうど、アートクラスをはじめてみようかと思案中だった。
私自身は子ども時代に、絵を習うことはしなかったが、どうしても
うまくなりたかったから、自分でいつも特訓メニューを組んで自主トレ?
していた。描きたければ勝手に描くものだ。
しかし教えて欲しい!と思うことも切実にあったことは否めない。
尊敬できる師匠が欲しいなあ〜と思っていたのも確かだ。

まずは、本質を見ること、自身の本質をも知り、解放することが
出来ればよいですね。学びの道、未知、満ち!!のうえで。


コメント
ありがとう!
なんだかとっても嬉しいです。
 
立体的な生活って(笑)

今回は、思いついて即、行動してみました。
いつも、頭で考えて妄想化して、満足していたので、
そういうのに、嫌気がさしていたのです。
行動した方がやっぱり清々しいですね。
諸問題はありますが、経験になって勉強になりますね〜。
長く続けられるよう、私自身も楽しんでやろうと
思ってます。

アートクラス、
都会の方は需要がありそうなので、よいかも。

特訓メニューの自主トレって、
子どもの頃から、自分に特訓を課していたのね。
真摯な姿勢は変わらず、だね。

こどもから大人へ、
少しづつ、アートが理解され浸透していくようになればよいな、と思っています。

地道に楽しく、やっていきます!




  • はしもと加奈子
  • 2009.03.26 Thursday 18:21
はしもと加奈子氏、初日はいかがでしたか?!

こむぎねんどを最初から作って遊んだの?
楽しそう。
素材からなにかをつくりだすのって、子どもにとっても
感動体験なのでは。

いろいろこれから、だろうけどがんばって!
私もがんばる!
  • 餡主
  • 2009.03.30 Monday 10:15
コメントする








 
Powered by
30days Album