ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.11.11 Monday

画集刊行記念イベントのお知らせ

紀伊國屋新宿本店9階イベントホールにてライブペイントとサイン会を開催します。詳細は下記の公式サイト内をご覧下さい。

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20191109095504.html

2019.10.22 Tuesday

画集刊行のお知らせ


阿部清子画集 「丸腰上等」
芸術新聞社刊

11月15日刊行


この度初の画集を出して頂く事になりました。1992年の作品から2019年未発表の最新作まで。

水彩で世界的に活躍されている永山裕子先生との対談も収録されています。


これまでの仕事をまとめていく作業によって、長い間心身の不調に悩み生きる気力がもう無くなったと思っていたところに一筋の光明が差すような、まだ私の表したかったことが有る事を思い出していく機会になったようです。


自分の歩いて来た道筋をジャッジせず、認める事で次に行けるのだと実感しています。

何がしたかったのか、何をしたいのか。誰かの為の私では無く、私自身になる為に制作しているのだと強く思っています。

誰もが自分自身でいること。これからもこの点を描いていきたいと思います。

是非、お手元に届くように願っています。




阿部清子画集 丸腰上等 https://www.amazon.co.jp/dp/4875865732/ref=cm_sw_r_cp_api_i_9qIRDbBMVAS46


2019.05.26 Sunday

ありがとう。

2019.05.03 Friday

生兵法


生兵法は怪我の元というが、普通に生きていてこの世を知った気になって扱うと痛い目に遭う。

見えている聞こえているものが全てではないことは常に自覚しておかないと混乱してしまう。

どうして私の知性はこんなに余計なもので曇っていてものごとを正確に認識出来ないのだろう、少しの瞑想やエクササイズで微々たる晴れ間ができると、新しい視点が顕れるが、これは相当の時間がかかりそうで、やや気も遠くなる。

しかしこの世界を誤解したまま死にたくない。歪んだ認知から脱却し、ありのままを知りたいと思う。

感じたいと思う。

差し当たってそれだけが生きる望みかな。




2019.04.30 Tuesday

スケッチ

スケッチブックを見直すと、まだ本画にしていないものが多くある。

かつてメモしたイメージやアイデアを改めて今の自分で完成させる事が出来るかもしれない。ような気がしてきた。

やはり、描いていることで自分が自分でいられる、甦る。

私の場合は描くことだが、誰でも何か、自分自身でいられるものがあるのだろうなと思う。自分でいられることの平安さよ…

これは何ものとも比較や対立や判定の出来ない、かけがえのない希望そのものだな…

Powered by
30days Album